自動車税編

自動車税は、毎年4月1日の時点で自動車を保有している者に対して課される都道府県税です。この税が課されるかどうかは自動車を保有しているかどうかのみが関係しており、車検を受けているかどうかや、日頃車を運行しているかどうかに関係なく、保有している時点で課税の対象となります。
税額は、保有している車の種類によって決定方法が異なっています。例えば、乗用自動車の場合は総排気量、トラックの場合は最大積載量、バスの場合は乗車定員を利用して税額を決定しています。また、同じ種類の自動車であっても自家用自動車と事業用自動車では異なる税額が設定されており、事業用の方が安くなっています。近年は、環境保護と新車購入促進を目的に、大気汚染物質や燃費性能について所定の基準を満たす自動車に対しては、税率が軽減される特例措置が継続しています。
この税は税の分類上では使途が限定されない普通税に分類されています。そのため、使途は各都道府県がそれぞれの事情に応じて決定しています。かつては自動車に関係する税では普通税として分類されているのはこの税だけであり、自動車取得税や揮発油税などの他の税は道路特定財源とされ、使途が限定されていました。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿