自動車と税金の内訳

自動車には様々な税金がかかっています。そのためそれらの税額を減額することで生活必需品としての車の需要を増減することが出来ています。近年ではエコカー減税と呼ばれる手法によって国内産業のための消費拡大と環境対策を同時に行うことが出来ました。このように需要を調整する役割を一部で担っています。
この様な車にかかる税としては取得税というものがあります。これは購入すること自体に課税されるものであり、誰もが支払うものです。そして車を保有していれば重量税とよばれる排気量に応じた税を支払わなくてはなりません。これは毎年課税されるものです。そして燃料であるガソリンにはガソリン税と呼ばれる税金が付加されており、乗れば乗るほど税を支払う仕組みになっています。そのため燃費の良い車に人気が集まってきているのです。
これらの税とは別に購入に関しては消費税も必要となります。このように様々な方面から課税されているのが日本における車の姿なのです。エコカー減税と呼ばれる政策では取得税と初年度の重量税を減額するという対応がとられました。このことにより非常に多くの需要が生まれ環境により車の普及が広がったのは多くの人が知る通りです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿