運転手なら知っておきたい!規制標識とは

規制標識とは、車の運転に制限を設ける標識のことを言います。多くは赤色の目立つ表示がされていますが、青色の標識もあります。
車両進入禁止とは、車がその道路に進むことを禁止する標識です。主に一方通行の出口に設けられることが多く、この標識に気付かず進入してしまうと逆走となり非常に危険です。
車両横断禁止とは、道路の中央線を越えて道路を横断することを禁止しています。これは、道路周辺の施設に入ろうとするときに中央線をまたいで右折したり、別の道路から右折で中央線をまたいで進入することができないということになります。ただし、交差点での右折は禁止されていないので中央線をまたいで右折することができます。
このほかにも、最高速度を規制する標識や停止線で一時停止をしなければならない止まれの標識などがあります。また、青地に白矢印で書かれた指定方向外進行禁止の標識は矢印の向き以外の方向に進むことができません。青色であるため規制の印象とはあまり合致しませんが、この標識も規制標識となります。
規制標識は基本的に運転内容を制限するものであるため、運転手はこの標識をしっかりと確認してその道路における運転方法を把握しなければ事故につながってしまうため非常に重要なものです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿