地点標と水準点、比較検証

歩道や路肩、中央分離帯なども含めて、道路の路線上にはさまざまな構造物が設置されていますが、そのなかには「地点標」や「水準点」とよばれるものが含まれています。
前者は原則として道路の起点から数えたその地点の距離を表示したものとなっています。国道の場合には、1キロメートルおきに設置されているキロメートル標と、100メートルおきに設置されている100メートル標の2つのタイプがあります。キロメートル標は、歩道などに設けられた堅牢な柱状のもので、国道番号を示す標識と、起点の地名、距離数がドライバーにもはっきりとわかるように記載されているものが多いようです。都道府県の名産物などをあしらった変わり種のものなども一部には見られます。100メートル標のほうは、距離数だけが書かれたシンプルな板状の看板であることが多く、純粋に道路の維持・管理のための目的であることがわかります。
いっぽう、後者の水準点については、国土地理院が測量の便宜のために設置した標石のことをいい、通常は国道その他の主要な道路に2キロメートルおきに設置されているものです。正確な位置に機械を乗せて測量ができるように、標石の中心にはくぼみや突起があるのが特徴となっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿