リアスポイラーの特徴

エアロパーツは、自動車の部品の一種であり空気力学的な抵抗や揚力の低減や操縦性や走行安定性の向上、さらにエンジンブレーキの冷却効果増大などを目的とするものです。一方で一般車向けに市販されているものは本来の空力の特性よりもデザイン性が優先されるためドレスアップパーツの一種といえますが、多くの場合にはスポーツカーなどに装着されます。
このうち自動車後部に取り付ける代表的なパーツがリアスポイラーです。リアスポイラーの特徴は、車体の後端にボディ形状を跳ね上げるような形で装着させるものです。このパーツの特徴は整流効果があるとされ、高速走行時の安定性を高めることができます。取り付ける場所は後部ガラス上端部が良いとされており、ハッチバックの自動車であればリアゲートに取り付けられます。一方でセダンのようにトランクルームがある場合にはトランクリッドに取り付けられます。
リアスポイラーは車体に密着して取り付けられますが、空間を作り空気が後方に流れるようになっているのには、リアスポイラーとは区別されリアウイングと呼ばれます。ウイングの形状はさまざまで、高く跳ね上げたものもありますし、わずかな空間をあけたものまであり、いずれも高速走行時の整流効果を得るために設置されます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿