大隈記念館と周辺情報

佐賀の大隈記念館は、日本でも内閣総理大臣や早稲田の創始者である大隈重信公を記念として建てられた建物です。大隈重信公は江戸時代終わりから明治期に活躍された政治家、教育家です。

昭和42年10月に開館された建物で、佐賀県の偉人でもある大隈重信公の生誕を記念して建設されたものです。2015年にはリニューアルオープンしており、様々な資料や生き様を物語る品物も存在しています。

大隈記念館の隣には、重信公が住んでいたとされる旧生家も存在し、佐賀県内のドライブをする上でもぜひ訪れたい場所の一つであります。また直ぐ近くには佐賀城が存在しており、佐賀城公園や佐賀城本丸記念館、佐賀県立美術館などもあり、ドライブする上でも都合が良い面もあります。

佐賀城本丸記念館には、佐賀県の歴史を探る上でも貴重な資料もあり、しかも佐賀県立美術館には佐賀県を代表する多くの美術品も展示されています。その他に郊外には吉野ヶ里遺跡もあり、邪馬台国のロマンを感じさせる観光スポットもあります。

なお春には桜を堪能で出来る観光スポットも多く、多布施川の沿岸には桜並木も揃っているので花見も出来るスポットとしても名高いです。早春の桜が咲く佐賀県内のドライブでは、大隈記念館、佐賀城公園、吉野ヶ里遺跡は一度は訪れたい人気の観光スポットとなります。

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿