学んでおこう!規制標示とは

路面に示された線や記号、文字のことを標示と言いますが、表示には規制標示と指示標示があります。指示標示が、特定の交通方法ができることや、道路交通上決められた場所などを指示するものであるのに対し、規制標示は、特定の交通方法を禁止したり指定したりするものです。通行の禁止と制限を表示するものは黄色の線で描かれ、その他は白で描かれています。規制標示の中でも代表的なものが「立入禁止部分」です。黄色の枠の中に白の斜線が引かれている標示で、車はやむを得ない理由であっても、この標示の中を通行することはできません。また、よく似た標示に「停止禁止部分」があります。これは、すべて白で標示されていて、長方形の枠の中に部分部分斜線が引かれています。この標示がある部分では、通行はできますが停止することはできません。消防署や警察署前の道路など、緊急時に車が出入りする時に車が道をふさいでしまわないように停止のみが禁止されています。さらに、これらの規制標示の区間が終わることを示すのが「終わり」の表示です。ゼロの中に斜線が一本引かれている標示です。規制標示は種類が多く、このほかにも「転回禁止」「進路変更禁止」「駐停車禁止」「駐車禁止」などは、よく見かける標示です。これらの標示の意味を知らずに違反をしてしまうと、事故につながりかねなかったり、駐車違反などに問われることになりますので、しっかり覚えておきましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿