空気の流れを利用して走行性を上げるエアロパーツについて

主にレーシングカーにおけるエアロパーツは、その出来具合によってレースの勝敗を左右する大きな要素になります。
一般ドライバーが日々車を利用する中でエアロパーツ装着、未装着で違いがあるとすれば見た目の雰囲気と多少ノーマル車よりもコーナーリングや高速安定性などが優位になるぐらいで、その真価を発揮するならばレースにでる前提で仕上がった車のエアロパーツについて考えるべきであります。
空気力学でいう抵抗や揚力を低減させ、そのパーツを装着することで運転性や走行性が上がり、発生する空気の流れにより車体の汚れが付くことも防ぎやすくなり、空気のながれが走ることで同時に冷却効果をエンジンやブレーキに与えるなど熱の発生する部分のクールダウンの効果にも貢献します。
エアロパーツも様々で、フロントスポイラー、サイドスポイラー、リアアンダースポイラーのパーツは空気が車体下への流入することで車体が浮き上がるのを防ぎ、車体側面の流れる風を効率よく後方にながし後方にできる空気の渦の発生をコントロールさせる一連のパーツやリアウイングなどで更に車体の揚力を防ぎ後輪のグリップ力を高めダウンフォースをより発生させるパーツなどそれぞれのパーツが連携することで車に眠るポテンシャルを引き出すことができ、その装着したシルエットも大きな魅力の一つになっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿