駆動ロスがないために燃費が良いマニュアル式(MT)

MTの良いところは駆動ロスがないので、燃費が良いという点にあります。
最近ではカタログ上はATやCVTの方が良いということもありますが、実際に道路を走行させた場合にMTの方が少ない燃料で走行をすることが出来る場合も多いものです。

ATというのは油圧を使って動力を伝達する仕組みになっているので、その分だけどうしても動力の伝達が落ちてしまうことになります。
CVTはエンジンの効率のよい部分を使うことができるので、理論的には最も燃費に有利なトランスミッションとなっているのですが、動力の伝達をベルトで行っていてそれが滑ることで動力の伝達にロスが発生してしまいます。

しかし、MTの場合にはギアが直接つながっていてエンジンとトランスミッションがクラッチでしっかりとつながっているので、駆動ロスが少ないため無駄がないのでATやCVTでは失われる動力の分だけMTの方が燃費が良いということになります。
更にMTというのはトランスミッション自体がATやCVTと比較して軽量であるという利点があるため、軽量の分だけパワーが必要とされないためその分でも燃費が良いという利点があります。
このようにMTは他のトランスミッションと比較をして、燃費が良いのが魅力となっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿