交通規制などを示す標示板の役割

よく言われる標識というのは、交通規制などを示す標示板のことを指します。標示板といっても、色々な種類があります。本標識と呼ばれるものでは、規制、指示、警戒、案内、の4種類があります。例えば、丸い標識の中に赤い斜め線が入っているものは禁止を表し、車両通行止め、転回禁止、駐車禁止、駐停車禁止などがそれにあたります。他には矢印のものが多く、矢印で指示された方向以外は進むことができないようになっています。また、最高速度を示すものや車高の高さ、重量を示すものもあり、これを超過する状態での走行は許されません。主に、トンネルや高架を通る際によく見かけます。

指示標識は、駐車していい場所、停車していい場所を示すサインや、中央線などを指し示すものがあります。踏み切りや落石注意、動物注意の看板は警戒にあたり、案内に関するものは、高速道路などで見かける出口のものや、大まかな行き先を示す案内板などがそれです。

こうしたものを補助するものも存在し、ここから標識の対象であることを知らせてくれたり、この時間からこの時間までが規制の対象であることや、どういう車種が規制の対象になっているかなどを、下に記載し、知らせてくれる役割を持たせています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿