基礎知識!指示標識とは

指示標識とは、その場所において車ができることや決められていることを表示している標識です。主に青地に白の記号で描かれており、似たような規制標識があるため注意が必要です。
軌道敷内通行可の標識は、軌道上を自動車が通行してもよいことを示しています。軌道とは路面電車が通るレールのようなものであり、右折や転回、やむを得ない場合を除いて基本的に通行が禁止されています。ただし、この標識がある場合は軌道を通行することができます。ただし、路面電車が近くにある場合は路面電車から離れるか軌道から出なければなりません。
優先道路の標識は、自分の走っている道路が優先道路であることを示しています。交通整理の行われていない交差点では道幅の広いほうが優先であることもありますが、この標識があると道幅に関係なく指定された道路が優先道路となります。この道路を走っている車の進行を妨害するような運転はしてはいけません。
このように、指示標識とはその場所でのできること、決められていることが表示されています。この二つのほかに横断歩道や停止線や駐車可能な場所、停車可能な場所を示す標識もあり、その都度運転方法に注意して安全運転をする必要があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿