緊急時にギアを入れたままセルモーターを回すことによって短距離移動ができるマニュアル式(MT)

最近はオートマチックギア車が主流となりマニュアル式は面倒だと敬遠されがちです。実際にオートマ限定免許であればより簡単に安価に取得できるという事でオートマ限定免許を取る人が多いようです。しかしマニュアル式にはマニュアル式の利点もあるのです。例えば何らかの故障でエンジンが始動しない場合、マニュアル式ならではの対応法があります。押しがけと言われる方法です。ギアを1速か2速に入れたままでクラッチを切って人力で押して前進させるか、下り坂で前進させた状態でクラッチを繋ぐとエンジンが始動するというものです。これはセルモーターが動かない時に有効です。また、セルモーターは動くのにエンジンが始動しない場合にはギアを1速に入れてクラッチを繋いだままでセルモーターを回すと僅かですが回った時間だけ車を前進させる事ができます。これは交差点の真ん中で停止してエンジンがかからない場合、踏切内で停止してエンジンがかからない場合と言った非常の際に、とりあえず安全な場所まで車を短距離移動させる時に有効です。しかし最新型のマニュアル車の中には逆にギアを入れたままセルを回して思わぬ前進をする事がないようニュートラルでクラッチを切らないとセルが回らないように防止装置が付いているケースもあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿