ハッチ型ドアの特徴

クルマのボディ形状にはセダンのような、エンジンルームとキャビン、そしてトランクルームの三つが独立している3ボックスタイプと、トランクルームとキャビンがつながっている2ボックスタイプがあります。2ボックスタイプはハッチバックと呼ばれ、リアガラスが付いている部分にもう一つドアがあることから、3ドアハッチバック、5ドアハッチバックと呼ばれます。

ハッチ型ドアは上に跳ね上がるタイプが多く、ハッチ型ドアを開けると荷室の部分と後席がつながっています。ハッチバック車の特徴は、後部がセダンやワゴンのように出ていないので、小回りが利くという点を挙げることができます。バックするときも、セダンやワゴンほど気を使いません。二つ目にセダンよりも荷室に高さがあるので、高さがあるものを入れやすいという点を挙げることができます。さらに三つ目に後部座席を前に倒すと、広大な荷室スペースが出現します。大量の荷物を入れるときや、大きな荷物を運ぶときなどに大変便利です。5ドアハッチバックは欧州で非常に人気があり、日本ではあまり人気がないと言われていましたが、人気のSUVなども5ドアハッチバックですし、そのメリットを理解する人が増えています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿