廃車したクルマの税金を督促された時の対処法について

自動車税は4月1日現在の所有者に対して課せられる税金ですので、抹消したのがいつなのかというのがポイントです。例えば、3月下旬に車を購入して、その際に業者に今の車の抹消手続きを依頼したとします。通常なら3月中に抹消手続きをしてくれますが、忙しい時期によっては、4月になって廃車手続きすることもあります。
一般的には、抹消手続きが4月になればその旨説明がなされるはずですが、その説明がないまま督促の納税通知書が送付されてくる場合もあります。その場合は依頼した車の処置がどうなっているかを確認します。依頼したから納税通知書を無視することはできませんので、必要な手続きを取る必要があります。納期限は通常5月末日ですので、早急に業者と話し合いをすることが必要です。
車の買い替えでは極稀にあるケースです。できれば買い替えの車の代金の領収書などに、いつまでに抹消手続きを済ませるのか記載させることでこのような紛争を避けることもできます。そして抹消手続きが済んだら、抹消登録証明書のコピーを受け取るようにすれば安全です。
実際にそこまでする人はなかなかいないはずですが、紛争を避けるためにも必要な処置であると考えるべきです。業者が失念しても責任は自分に降りかかるのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿