排水性舗装って何?

排水性舗装というのは、これまでの道路のアスファルト舗装に工夫を凝らしたもので、雨が降ったときに道路上にたまりやすい雨水を、舗装の表面から浸透させて、道路の側溝や地下のトンネルなどにすみやかに排出することができるようにしたものです。
これまでの一般的なアスファルト舗装とは違って、表面にある程度の大きさの砕石や再生骨材を用いて意図的に雨水が浸透するようなすき間を設けているため、自動車のスリップ事故の原因ともなる水たまりの発生が抑えられ、快適な走行環境を保つことが可能となっています。
また、自動車が走った際の走行音も分散されて、道路沿線の騒音を低減するのにも効果があることが確認されているため、一般道のほか、特に高速道路の一部区間での採用が進んでいるところです。
ただし、通常の舗装と比べると、施工にあたっての手間がかかるため、値段としてはどうしても割高になりやすいということとあわせて、道路の表面のすき間が細かなチリやゴミなどで目詰りを起こしやすく、定期的にこうしてチリをブラシュアップして機能を保つメメンテナンスの必要性があることから、すべての道路というよりも、特定の道路に限った運用がなされています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿