排水性舗装と透水性舗装、比較検証

道路というのは、一般的には表層、路盤、路床という異なる材質からなるサンドイッチ状の構造をしており、路上を通過するダンプカーなどの車両の重さで沈み込んだりすることのないように、かなり頑丈につくられています。
排水性舗装というのは、同じアスファルト舗装であっても、表層の部分は一般的なものよりもすき間の多い材質を用いることで、雨水が浸透しやすくしたものです。ただし、路盤よりも下には水が浸透しないように工夫されているため、いったん浸透した水は道路の側溝や暗渠などに排水されることになります。このため、高速道路や都市部の車道などで主に用いられています。
いっぽう、透水性舗装というのは、同様に雨水が舗装の表層から浸透する構造になっているものの、路盤、路床といった下のほうにまで雨水が到達し、保水されるようなものをいいます。こちらは歩道や自転車道など、土中に直接雨水が浸透しても問題がないような場所で用いられ、緑道などにみられるインターロッキング舗装というのも、この舗装のなかまということができます。
これらの2つの舗装方法は、名称やしくみは似ているものの、細かく見ると構造や役割が異なっているため、適材適所で用いられています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿