フロントスポイラーの特徴

自動車の走行には、常に進行方向からの風の抵抗が存在し、それが速度や加速などにも影響を及ぼす存在となります。その風の抵抗などを抑える工夫がエアロパーツの目的となります。

当然、風の抵抗を抑えることで、運転走行時の快適性やエンジンの冷却効果の向上、車体の汚れ防止、燃費の向上などにも期待が出来ます。そんなエアロパーツの一つに、フロントスポイラーの存在があります。

フロントスポイラーは、それを車体前面に取り付けると車体の下に空気が流入するのを防ぎ、車体が浮揚するのを抑制します。逆にダウンフォースという自動車を地面に押さえつける働きが増すことで、安定的な走行にも貢献します。

実際にはフロントスポイラーの効果を体感できるのは、スポーツカーなど速度や加速力を持った自動車などで、一般車においての通常走行ではそれほどの効果はないです。ただ見た目のデザインとして優れている印象もあるため、それを取り付けている面が多いです。

なおフロントスポイラーについては種類があり、前面のバンパーと一緒になったものをフロントバンパースポイラーと言います。フロントバンパーの下部に取り付いているものをフロントアンダースポイラーと呼ばれています。

自動車の保安規定による最低地上高の適用については、フロントスポイラーにウィンカーが取り付いている場合は適用がありますが、それが取り付いていない場合は適用対象外となります。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿