‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

MTモデルの車が減っているマニュアル式(MT)

2016/05/13

マニュアル式は、運転者が自らシフトレバーやクラッチペダルを操作する必要があるため、操作の煩雑さから徐々にその数は減少、現在は市場に存在する車の98%から99%がオートマ式となっており、トラックなど一部の業務用やマニア向けの物になりつつあります。
日本国内では1950年代に初めてオートマ式が発売されたものの、価格の高さや燃費の悪さ、安全面の問題等により、市場のほとんどはMT車のままとなっていました。1980年代頃から徐々に浸透し、燃費の向上や価格面の改善などもあり、1990年代以降はマニュアル式とオートマ式のシェアが逆転しています。
これにより多くの人がオートマ式を運転するようになりましたが、アクセルとブレーキの操作ミスによる交通事故が増加傾向にあったことを受け、1991年にはオートマ限定運転免許が新設、マニュアル式は更に減少することとなりました。この傾向は、トラックやバスなどマニュアル式が常識とされていた物にも及び、広い範囲でオートマ化が進行しています。
しかし、オートマ式では感じることのできない運転の面白さや、アクセルとブレーキの操作ミスに起因する交通事故が起きにくいなどのメリットもあるため、根強い人気を保ち続けています。

操作には多少の技術を要するマニュアル式(MT)

2016/05/13

マニュアル式とオートマ式の最大の違いは、クラッチの存在です。アクセルと同時にクラッチを操作する必要があるため、オートマ式に比べ多少の運転技術を必要とします。
ガソリンエンジンは、燃料を燃焼することで動力を生み出します。この動力が車輪へと伝わった時に動きだしますが、クラッチは動力を伝えるか伝えないかのスイッチの役割を果たしています。クラッチを切っている状態から繋がった時には、エンジン音が僅かに変化するほか、足元にも挙動の変化が伝わってきます。
具体的には、クラッチレバーを一杯に踏み込んだままの状態でアクセルを軽く踏み込み、ゆっくりとクラッチレバーを戻していきます。クラッチレバーには必ず遊びがあるため、迅速な操作を行うには挙動の変化する直前まで一気に戻し、その後ゆっくり戻していきます。動力が伝わり始めたと思われる部分でクラッチレバーをそのまま静止させ、ある程度の回転数に達した後にクラッチレバーを完全に戻します。
このオートマ式には無い操作方法は、何度も運転することで、各所の挙動の変化を感覚的に掴むことができるようになりますが、慣れるまでは多少難しいと感じる場合もあるため、マニュアル操作が苦手な人にとっては壁となることもあります。

マニュアル式(MT)のデメリット

2016/05/13

マニュアル式は、オートマ式のように急発進することが無いため、操作ミスによる事故が起こり難いほか、きめ細かなギアチェンジによって燃費の節約になったり、運転の面白さを実感できるという様々なメリットがあります。しかし、デメリットと言わざるをえない部分も多々存在します。
第一に操作性の難しさがあります。運転が得意な場合や対応力の高い人であれば、ある程度の練習時間に達することで、自然と上達していきますが、運転や操作という行為が苦手な人にとっては、クラッチやアクセルのさじ加減が苦痛となり、AT限定免許が存在しない頃は、運転免許の取得自体を諦める人も少なからず存在していました。
エンストが起きやすいことも、マニュアル式の難点です。個々のMT車によって挙動に若干の違いがあるため、その都度クラッチの間隔に慣れる必要があります。
クラッチとアクセルの同時操作は、都市部や渋滞時にはストレスとなることもあります。特に連休中の高速道路では、必ずと言って良いほど渋滞が発生するため、常にクラッチの上に足を乗せて置く必要があるなど、運転手にかかるストレスは相当なものです。
現在国内の市場で流通している物のほとんどがオートマ式となっており、マニュアル式が入手しづらいこともデメリットの一つとなっています。

緊急時にギアを入れたままセルモーターを回すことによって短距離移動ができるマニュアル式(MT)

2016/05/13

最近はオートマチックギア車が主流となりマニュアル式は面倒だと敬遠されがちです。実際にオートマ限定免許であればより簡単に安価に取得できるという事でオートマ限定免許を取る人が多いようです。しかしマニュアル式にはマニュアル式の利点もあるのです。例えば何らかの故障でエンジンが始動しない場合、マニュアル式ならではの対応法があります。押しがけと言われる方法です。ギアを1速か2速に入れたままでクラッチを切って人力で押して前進させるか、下り坂で前進させた状態でクラッチを繋ぐとエンジンが始動するというものです。これはセルモーターが動かない時に有効です。また、セルモーターは動くのにエンジンが始動しない場合にはギアを1速に入れてクラッチを繋いだままでセルモーターを回すと僅かですが回った時間だけ車を前進させる事ができます。これは交差点の真ん中で停止してエンジンがかからない場合、踏切内で停止してエンジンがかからない場合と言った非常の際に、とりあえず安全な場所まで車を短距離移動させる時に有効です。しかし最新型のマニュアル車の中には逆にギアを入れたままセルを回して思わぬ前進をする事がないようニュートラルでクラッチを切らないとセルが回らないように防止装置が付いているケースもあります。

バッテリーが上がった時に、押しがけや引きがけでエンジンを始動できるマニュアル式(MT)

2016/05/13

運転のしやすさから、車といえばマニュアル(MT)よりもオートマチック(AT)のほうが主流です。
ですが、マニュアルにはオートマチックにはないメリットがいくつもあり、そのひとつがバッテリー上がりでエンジンが動かなくなった時の対応です。
マニュアルの場合には、タイヤを回転させながらクラッチ操作をすると、エンジンが掛かる押しがけや引きがけが可能です。
マニュアルの場合、タイヤの回転からエンジンに動力が伝わらないので押しがけや引きがけをしても、エンジンは始動しません。
ただし、注意しなければいけないのは、エンジンが掛からない状態ですから、搭載されたサポート機能を使うことが出来ません。
悪くすれば、押している人や引っ張っている人を怪我させてしまうかもしれないのです。
それに、坂道を利用する場合には、スピードが上がりすぎたりスリップする可能性も考えられます。
さて、押しがけや引きがけはどのようにすれば良いのかというと、後方から人が押すか、前方から牽引してもらうか、するときに、イグニッションキーを入れてギアを入れます。
このときギアは1速か2速です。
そうしてある程度のスピードが出てきたら、クラッチを繋げてエンジンを始動させます。
スピードが必要ですから、ある程度の距離がないと無理です。
パーキングエリア内など難しい状況ならば、諦めたほうが賢明です。

構造が簡素なので修理費が安いマニュアル式(MT)

2016/05/13

マニュアル式の利点としては構造がシンプルとなっているので、故障をしても修理費が安いという点にあります。
トランスミッションをまるごと交換をする場合に関しても、MTの場合には作りがATやCVTと比較をすると遥かに構造が簡素となっていてそれ自体の価格が高額ではないので交換が必要になった場合でも部品代の価格がそれほど高くなるということがありません。
また、トランスミッションを部分的に修理をするにしてもMTの場合は分解が用意で故障箇所の部品を取り替えるもの簡単に行うことができますが、ATやCVTの場合にはそのようなことがなく部分的な修理ということ自体が不可能なことが多くまるごと交換になりやすいので余計にお金がかかりやすいという欠点があります。
部品の点数のATやCVTの方が多いのでその分故障する確率は高くなってしまいますが、MTの場合にはシンプルな分だけ故障しにくいのも特徴となっています。

ただし、現実的にはMTもATもCVTも故障をのしやすさに大きな差があるわけではなく、故障をしてしまった時の修理費に差が出るのでそのような時に比較的安価で修理をすることが出来る、MTというのは他のトランスミッションと比較して有利ということになるのです。

走行中、車本体やエンジンの挙動を把握しやすいマニュアル式(MT)

2016/05/13

走行を制御する装置の基本構造を一般的にエンジンと呼びますが、ガソリンを取り込んだ後の症状について今一度確認していく段階が重要です。機能ごとに若干の差が生じていくものになっていくことから、主な特徴を慎重に探っていく部分が不可欠となるのです。具体的な内容を見ていけば、エンジンはマニュアルとオートの様式がありますが、それぞれの性能を把握していくようなものとなれば、エンジンに対して大いに役立っていく概要も容易になり、ドライバーとしての誇りも持てるようになってきます。お気に入りのマイカーを見ていけば、将来的にプラス的な側面も出ていくことになるわけです。
その一方で専門家が提唱している内容を基礎の基礎から確認していくようにすれば、将来的な部分に結び付く形状が浮かび上がっていきます。通勤やレジャーで使用する機会があるならば、車内の環境をよりよいものにいていくような方向性が大事になるのです。また性能面に優れているエンジンは、環境エネルギーに即した内容が多くなっているため、各々の内容を見ていくことが重要な方向性となっています。いざというときに冷静な対応をできるようにしていくためにも、まずはエンジンの内容を考えてみる部分が大事になるわけです。

駆動ロスがないために燃費が良いマニュアル式(MT)

2016/05/13

MTの良いところは駆動ロスがないので、燃費が良いという点にあります。
最近ではカタログ上はATやCVTの方が良いということもありますが、実際に道路を走行させた場合にMTの方が少ない燃料で走行をすることが出来る場合も多いものです。

ATというのは油圧を使って動力を伝達する仕組みになっているので、その分だけどうしても動力の伝達が落ちてしまうことになります。
CVTはエンジンの効率のよい部分を使うことができるので、理論的には最も燃費に有利なトランスミッションとなっているのですが、動力の伝達をベルトで行っていてそれが滑ることで動力の伝達にロスが発生してしまいます。

しかし、MTの場合にはギアが直接つながっていてエンジンとトランスミッションがクラッチでしっかりとつながっているので、駆動ロスが少ないため無駄がないのでATやCVTでは失われる動力の分だけMTの方が燃費が良いということになります。
更にMTというのはトランスミッション自体がATやCVTと比較して軽量であるという利点があるため、軽量の分だけパワーが必要とされないためその分でも燃費が良いという利点があります。
このようにMTは他のトランスミッションと比較をして、燃費が良いのが魅力となっています。

MTのメリットとは

2016/05/13

今やAT(オートマ)限定という免許もあるほど、MT(マニュアル)を運転できる人が少なくなってきています。
販売されるクルマもほとんどがオートマで、マニュアルを探すほうが困難なほどです。
しかしトヨタの86やスバルのBRZの販売を機に、MT車両の人気が高まってきています。
そんなMTのメリットをまとめてみました。

・運転操作ミスが少ない
最近ブレーキとアクセルの踏み間違えで起こる事故報道を目にするようになりました。
このような事故はマニュアルではまず起きません。
最近では踏み間違い衝突防止アシスト機能というものがありますが、マニュアルにはそんなものは不要です。
オートマは運転操作ミスでパニックになってもクルマは動き続けますが、マニュアルはクラッチを切ればエンストするので停止します。

・子供のいたずら防止になる
ゲームで覚えたからと9歳の子供が運転したというニュースがありました。
オートマは簡単に運転できて楽=子供もやろうと思えば運転できるということです。
マニュアルはこういった子供のいたずら抑制にもなります。

・価格が安い
同じクルマの同じグレードでMTとATがあれば、MTのほうが安く販売されています。

・クルマ操作が楽しい
おそらくマニュアルに乗っている人の大半がこの理由ではないでしょうか?
エンジンブレーキが効きやすいので、アクセルワークだけでスピードコントロールができます。
発進時のタイムラグが少ないのも、マニュアルが好まれる理由の一つです。
こういったクルマを思い通りに操れる感覚はオートマにはない楽しさがあります。

こういったメリットを踏まえて、マニュアルを運転してみてはいかがでしょうか。

ギヤを手動で変えるマニュアル式(MT)とは

2016/05/13

マニュアル式というのはドライバーが任意でギヤを選択することが出来る方式であり、思い通りの運転をすることが出来るという特徴があります。
ドライバー自身がギヤを選択しなければならないというのは長所でもあり、短所でもあるものとなっていて変速操作を面倒だと感じる人にとっては短所と感じることになりますし、逆に思い通りに運転をしたいという人にとっては長所となるものとなっています。

例えば坂道などを登る時に低いギヤで登りたいと思った時に、オートマ式であれば必ずしもドライバーの思った通りに変速をしてくれるとは限りませんが、マニュアル式の場合にはその自由度が高いのでローに入れるあるいはセカンドに入れるというのを任意で行うことができます。
逆に下り坂なども同様に、オートマであってもLレンジというものがありますがマニュアル式の場合には常にローあるいはセカンドで走行をすることができ、勾配の状況に応じて適宜最適なギアに入れることができるのでスムーズな運転をすることができます。
変速の操作に手間はかかりますが、技術があればスムーズな走りをすることができ快適なドライブをすることが出来るため、車好きなどに人には最適な変速方式となっています。

最近の投稿