バッテリーが上がった時に、押しがけや引きがけでエンジンを始動できるマニュアル式(MT)

運転のしやすさから、車といえばマニュアル(MT)よりもオートマチック(AT)のほうが主流です。
ですが、マニュアルにはオートマチックにはないメリットがいくつもあり、そのひとつがバッテリー上がりでエンジンが動かなくなった時の対応です。
マニュアルの場合には、タイヤを回転させながらクラッチ操作をすると、エンジンが掛かる押しがけや引きがけが可能です。
マニュアルの場合、タイヤの回転からエンジンに動力が伝わらないので押しがけや引きがけをしても、エンジンは始動しません。
ただし、注意しなければいけないのは、エンジンが掛からない状態ですから、搭載されたサポート機能を使うことが出来ません。
悪くすれば、押している人や引っ張っている人を怪我させてしまうかもしれないのです。
それに、坂道を利用する場合には、スピードが上がりすぎたりスリップする可能性も考えられます。
さて、押しがけや引きがけはどのようにすれば良いのかというと、後方から人が押すか、前方から牽引してもらうか、するときに、イグニッションキーを入れてギアを入れます。
このときギアは1速か2速です。
そうしてある程度のスピードが出てきたら、クラッチを繋げてエンジンを始動させます。
スピードが必要ですから、ある程度の距離がないと無理です。
パーキングエリア内など難しい状況ならば、諦めたほうが賢明です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿