車に税金を掛ける目的と背景について

af9920058177l自動車には各種税金が目的ごとに課せられています。目的として多いのは車が走る道路の建設、整備費用です。道路の整備は国や各地方自治体が行っていますが、道路を建設するための費用の一部として利用されています。課税されている金額については、車の排気量や利用方法で決まっています。排気量については、軽自動車を除いて設定され、設定される際、低燃費車両やCO2排出量によって低減されていることもあります。軽自動車向けの課税については普通自動車よりも減免措置がされています。また、排気量については年式によって変わってきており、大排気量であってもハイブリッド等の利用によっては年式の古い車両よりも低い課税となることも多いようです。最近注目されている電気自動車については、国の政策で0課税となることも少なくありませんが、モーターの出力で課税されます。自動車関連の課税で最も多いのはガソリン税です。ガソリン税は軽油よりも高く設定されています。軽油の場合は仕事で利用する事が多いため、減免措置が取られています。ガゾリン税や軽油税の他に環境税としてCO2対策などに利用される税も課税されており、自動車関連への課税は厳しい状況となっています。